Kosugi 3rd Avenue
/ 神奈川県川崎市 / 2020.06

武蔵小杉の新しい交流拠点となる「Kosugi 3rd Avenue 」
その中のゲストルームに1本の杉の木から削り出したテレビボードを納品させて頂きました。

杉の大きな無垢材としての存在感を活かすために、正面1面には手加工にて手斧(ちょうな)で凹凸をつけ、割れ止めとして契り(ちぎり)も施し、意匠として取り入れています。

赤身と白太(芯材と辺材)等の木目もデザインの要素として大きい為、数mmずつ製材機にかけバランスを見ながら調整させて頂きました。

OUTLINE

設計/デザイン:
株式会社Tree to Green
施工:
株式会社Tree to Green
所在地:
神奈川県川崎市
竣工:
2020.06
使った木:
スギ(神奈川県産)

武蔵小杉の新しい交流拠点となる「Kosugi 3rd Avenue 」
その中のゲストルームに1本の杉の木から削り出したテレビボードを納品させて頂きました。

杉の大きな無垢材としての存在感を活かすために、正面1面には手加工にて手斧(ちょうな)で凹凸をつけ、割れ止めとして契り(ちぎり)も施し、意匠として取り入れています。

赤身と白太(芯材と辺材)等の木目もデザインの要素として大きい為、数mmずつ製材機にかけバランスを見ながら調整させて頂きました。