”第9回木育サミット”に、弊社代表青野が登壇しました
2022年3月7日

2022年2月12日に行われた、第9回木育サミットに、弊社代表の青野裕介が、一昨年・昨年と連続して、今年も登壇させていただきました。

“木育サミット”は、林野庁の補助事業でもあり、特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会が主催されているイベントで、木に親しみ、木を活かし、木と共に生きていく「木育」の活動を、多くの人に知ってもらうため、2014年から開催されています。本年度は、コロナ禍のため、オンラインで開催されました。

本年度は、『つながる木育 つなげる木育 ~SDGs達成と持続可能な社会の実現を目指して~』をテーマに、第8回大会にて提言された、自然と人の暮らしとの関係性やジャンルを超えた連携にも着目しながら、「つなぐ」をキーワードに、「ポストコロナ」時代における木育の推進の意義について議論を深めるイベントとなりました。

プログラムは、第一部と第二部に分かれており、代表の青野は、第一部の「ウッドスタート・リーダーインタビュー『木曽町と木育推進』原久仁男 木曽町長 × 青野裕介 (株)Tree to Green代表取締役」と、第二部の「市民目線で広げる・つながる木育の可能性」の進行役として、登壇させていただきました。

今年も、意義深い議論が積極的に交わされ、大盛況のうちに終わり、弊社にとっても実りの多い機会となりました。

来年度の開催も、楽しみにしております。

参考リンク:https://www.mokuikulabo.com/summit